事務所・本社・店舗の立地の決め方

個人事業や会社設立に関わらず、事務所や店舗の立地は重要性となってきます。
ではこういった場所についてはどのように決定すればよいのでしょうか?

 

一つ目の方法としてあげたいのは、案外自宅を事務所や本社替わりにするというやり方です。
この場合、家賃はかかりませんし、周囲の状況を知っていることが多いわけですから、ビジネスの足掛かりをつかみやすいかもしれませんね。

デメリットとしては、生活空間と仕事場が同じであるため、人によっては仕事に集中できない可能性があるということはまず挙げられると思います。
他にも、例えば会社のホームページなどでは自宅を会社とかねてしまうと、ネットに自宅を公開しているのとまったく同じになってしまうことになりますので注意が必要です。

 

二つ目としては、ビルやマンションなどを間借りする、もしくは購入するという方法です。
自宅では訪問者が多いと相当疲れるかもしれませんし、プライベートと仕事をわけることができなくなってしまえば、ビジネスにも影響が出かねません。
そういう意味では、部屋を間借りしておくと、気兼ねなく作業ができるでしょう。

しかし、いい点だけではありません。
例えば、仲介の手数料や敷金などもかかりますし、搬入物(例えばイス・机・ファイル・パソコン)などにかかるお金もありますから、相当の金額がかかるとみて間違いなさそうですね。

 

ここで重要になってくるのが、事務所や店舗をどのように探すのかということです。

これについて重要なのは、とにもかくにも情報収集ではないでしょうか?
自分により適した物件に出会うためには、不動産屋や周辺施設の下調べが欠かせません。
今の時代インターネットを活用すれば十分に情報を得られますし、この分野に精通した不動産屋が開催する起業セミナーもありますので有効に活用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です