業務形態の決め方のコツ

実際に起業をする際に迷うのは「個人でビジネスをするのか」「会社を設立すべきか」の二択ではないでしょうか?

 

個人事業は会社と比べて運営面が容易です。
他にも会社を立ち上げる際にかかるような金銭は発生しません。
この点で、幾分個人事業のほうが有利かもしれませんが、不利な点も多いと言えそうです。

例えば、保険の適用です。
社会保険に加入することが出来ない可能性があります。
社会的信用がある会社の設立よりも銀行などから資金を調達しにくいということは想像できそうです。
つまり、会社としての運営費用なのか、私的な費用なのかという線引きは銀行にとって難しいといいますから、融資をしにくいのもいささか納得せざるを得ません。
また、繰り返しますが社会的な信用を得ることが出来ないのは大きな痛手です。

 

一方で会社を設立した場合はどうでしょうか?

個人事業に比べて、比較的相手の信頼を得やすいことはあるでしょう。
さらに社会的な観点から私費と社費の区別もはっきりとつけることが出来るため、銀行などからの資金調達が容易になるかも知れません。

しかし、会社設立にもデメリットはあります。
それは個人事業ではかからなかった、会社の立ち上げ費用です。
立ち上げるまでは社会的信用も無い中で作業をすることになるわけですから相応の苦労があることは覚悟しておくほうが良いかも知れません。

 

いずれにしても、個人と会社設立のどちらにも利点があり、不利な点もあるという事は理解しておくべきです。
上で紹介した基準だけでなく、将来の方向性も考慮した上で、あなた自身にとってどちらの業務形態をとるのが有利かどうか、熟考した上で物事を進めることをおすすめしたいと思います。