知っておくべき起業の現状

ネットでよく出回っている噂ですが、起業後数年で半数近くの会社が倒産しているという調査を目にしたことがある方もいるかもしれません。
それほど、スタートダッシュでどれだけ会社を成長させることが出来るかにかかっているということです。
実際に起業する前に、しっかりと知識をつけておく必要があると思います。

そのために有用な手段としてよく知られ、起業したいと思う方の多くが参加するのが、起業に関する色々を学べる起業セミナーですね。

ですが起業セミナーの中には「ある程度の知識を持つ」ことを前提にしている上級者向けの講座も少なくないこともあって、何も知らない状態でいきなり起業セミナーに参加しても、ただ参加費や時間が無駄になってしまう場合だってあるのです。

これを防ぐ方法としては、
・初心者向けを強く打ち出している起業セミナーを選んで参加する。
・セミナーに参加する前に、書籍などで基礎的な知識をしっかりとつけておく。
などが考えられます。

いずれにしても起業セミナーに参加する場合、参加しただけで終わらせるのではなく。そこで得た知識などをどう活かすかということが重要でしょう。

 

起業セミナーさて、起業した方の現状をご存じでしょうか?
ここでは簡単に会社員と起業者の違いに例を見つけながら簡潔に解説しましょう。

まずは金銭的な面ですが、会社員の時は務めているだけで給料日が来ればお金が振り込まれますが、起業すると、その保証は一切なくなります。
確かに、ビジネスが軌道に乗れば収入が増える可能性はありますが、まずはあまり期待を抱き過ぎずにいることが大切です。

次に仕事の責任も大きく変わります。会社では不測の事態が発生した場合に上司や同僚が責任を取ってくれることもありますが、起業すると一切の責任を負う必要があります。

続いて、信用度の問題もあります。
会社員時代は、社名を名乗ればある程度の社会的地位にあることを示すことが出来たはずです。
しかし、起業するとなると、信用や信頼は0から作り直す必要があります。
そのためにも、セミナーへの参加が後々必要になってくることは、もう皆さんがお分かりの通りです。
自由と責任のはざまで揺れる起業家は多いかも知れませんが、セミナーで得た人脈を生かせる場面はきっとやってくるでしょう。